近所の輸入住宅を見て思ったこと

6 11月

近所の輸入住宅を見て思ったこと

いつも通る道沿いに、アメリカン住宅が建っています。広い庭もあるその家は一見して輸入住宅だということが分かり、周りとは一線を画したお洒落感が漂っています。クラシカルなアメリカン調の外観と広い庭(もちろん芝生がはえている)はアメリカの映画などでよく見かける佇まいで、その異国感に憧れが湧きます。そのお家の方は車もクラシカルなものに乗っておられ、庭にはヤシの木のような樹木も植えられています。隅々までこだわりがあるため、もしかしたらアメリカで住んでいて帰国されたご家庭なのかもしれません。
少し気になった点は、木製の何枚も貼られた壁の傷みが目立つ点です。欧米では一つの家をリフォームしながら長く住む習慣があると聞いたことがあります。そのお家の方も以前外壁を修繕され、色が変わって新しい家に生まれ変わっていました。そんな作業も楽しみながら行える点が、輸入住宅の魅力なのかもしれないと感じ、欧米スタイルの生活に憧れる方にとってはぴったりの住宅だと感じました。