輸入住宅?注文住宅?一生に一度の大きな買い物!

PR|憧れのアメリカン住宅を建てよう

私は、10年ほど前に注文住宅を建てました。

家を建てるとき、何にこだわるかは人それぞれだと思います。おしゃれさにこだわって輸入住宅を選ぶ人もいれば、金額にこだわって安い家を選ぶ人もいますよね。

家を建てた当時、特にこだわりというものはなかったのですが、敢えて言うのならばリビングの使いやすさにこだわって注文住宅を建てました。

とは言っても、まったくゼロから設計するのではなく、ある程度のプランから自分の好みに合わせて選んでいくのですが、リビングを重視した為に他の和室や寝室などは結構いい加減に決めてしまった覚えがあります。そのあたりは今とても後悔していることの一つです。

海外の家や輸入住宅のようにすごくおしゃれな空間!とまではいかなくても、リビング以外の和室や寝室にも、一定のこだわりを持って建てるべきだったのかもと思います。

使いやすいリビングにこだわったのは、それまで住んでいたアパートが使いづらい設計だったのがきっかけでした。

夫婦で休みの度に住宅展示場に出向き、各メーカーの住宅を見て回りました。住宅展示場には比較的リーズナブルな物件から、豪華な輸入住宅まで、色々と展示されています。何件も見ていくうちに、各住宅の良いところ、悪いところがみえてきて、自分たちのライフスタイルにあったリビングはこうだというものが固まり出してきました。

その後に各メーカーの営業マンとじっくり話し込み、現在の住宅メーカーに決めました。

決めたポイントは担当の営業マンの真摯な態度は勿論だったのですが、自分たちの理想のリビングが予定の金額内で実現可能だったので、お願いすることにしました。もっと予算が使えれば輸入住宅も良かったかもしれません。

更にその営業マンは仕事だから当たり前だと思うのですが、土地を購入するときや銀行の借入の際も親身になって相談に乗っていただき、今でも感謝しています。

今では、建築当時中学生だった息子も結婚し、別々に暮らしています。

夫婦二人で暮らしていくには十分すぎる大きさです、家を建てるときに10年後、20年後まで想像していなかったので仕方のない事ですが、もし今家を建てるとしたら今の間取りにはしていないでしょう。

家は個人差はあると思います。輸入住宅にしろ、安い家にしろ、多くの方にとって一生に一度の買い物だと思うので、永く住むことを前提に住む場所や間取りなどじっくり考えて立てることをおすすめします。

これから注文住宅を建てたいと考えている方はこれらを参考に、自分たちの生活に合った家を建ててほしいです。

PR|サプリメント|貯蓄|初値予想|お家の見直ししま専科|ショッピングカート|マッサージのリアル口コミ.com|JALカード|GetMoney|英語上達の秘訣|生命保険の選び方|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|生命保険の口コミ.COM|工務店向け集客ノウハウ|お小遣いNET|