カテゴリー: 輸入住宅

2 4月

断熱性に優れている輸入住宅

季節を感じることができる日本は、その良さを感じますね。ところがその反対に、嫌と思うことがあります。その一つに、暑い、寒いということなのです。家の中にいると、ますますその温度を敏感に感じます。朝起きた時に、寒いと出ることができずに困ることもありますね。季節を感じるのでいいと思う半面、そんなデメリットを感じることもあります。

 

その時、家の中で心地よく過ごすことができると最高ですね。そしてそんな住宅に住みたいと感じます。まず住みたいところとして、過ごしやすい住宅がいいのです。
その点では、輸入住宅はとても住みやすいといえるのではないでしょうか。それはなんといっても、とても断熱性に優れているからです。家の中にいるとそんな寒さや暑さを感じないと思うこともあります。それだけ、機密性があるということですね。

 

そしてそんなメリットを感じる一方で匂いがこもりやすいということがあります。焼肉などをすると、換気が必要です。

9 10月

オススメは「プロヴァンス風」の家

私が個人的にマイホームとしてオススメする輸入住宅は、地中海に面した国を意識した家です。ハウスメーカーによると「プロヴァンス風」という名前でプランや商品名が出ています。

理由は、ざっくりと「洋風」とすると、日本では「和風ではない」とイコールな気がしてありきたりになりがちだと思うからです。一方プロヴァンス風だと、白を基調としたり、アクセントに青を取り入れたりと、はっきりと特徴が出ます。

特徴がわかりやすい分目立ちますし、漠然とヨーロッパを指しているのではなく特定のプロヴァンス地方を指すとわかります。外観もそうですし、インテリアもアーチを多用することによって地中海の家を演出できます。

ただ洋風だと、外観はサイディングかタイル張り、内装はフローリングに茶色のドア、とやはり和風の家が当たり前でなくなった今となっては変わり映えしないと言えます。海外住宅を存分に味わいたいなら、より日常から離れた刺激のある珍しいデザインの方が楽しめるでしょう。

9 10月

オススメは「プロヴァンス風」の家

私が個人的にマイホームとしてオススメする輸入住宅は、地中海に面した国を意識した家です。ハウスメーカーによると「プロヴァンス風」という名前でプランや商品名が出ています。

理由は、ざっくりと「洋風」とすると、日本では「和風ではない」とイコールな気がしてありきたりになりがちだと思うからです。一方プロヴァンス風だと、白を基調としたり、アクセントに青を取り入れたりと、はっきりと特徴が出ます。

特徴がわかりやすい分目立ちますし、漠然とヨーロッパを指しているのではなく特定のプロヴァンス地方を指すとわかります。外観もそうですし、インテリアもアーチを多用することによって地中海の家を演出できます。

ただ洋風だと、外観はサイディングかタイル張り、内装はフローリングに茶色のドア、とやはり和風の家が当たり前でなくなった今となっては変わり映えしないと言えます。海外住宅を存分に味わいたいなら、より日常から離れた刺激のある珍しいデザインの方が楽しめるでしょう。